About us

Mike
 

LULUは、株式会社Earthriseと慶應義塾大学公認学生団体S.A.L.がコラボし制作しているジュエリーブランドです。
本プロジェクトでは、S.A.L.のEthical Jewelry Projectに所属する学生がジュエリーの企画、デザイン、販売を行っています。

 
 

LULUとは
学生団体S.A.L.とエシカルジュエリーブランド”EARTHRISE”がコラボしたブランドです。
Concept
”Ethical(エシカル)”という考えを身近なジュエリーを通して広め、身につけることでおしゃれかつ国際協力もできる

Project detail
LULUはジュエリーの背景に潜む搾取・環境問題・児童労働・紛争などといった国際問題に目をつけ、“Ethical(エシカル)”を広めることを目的とした慶應義塾大学公認団体S.A.L.のプロジェクトです。2015年12月から活動しています。
”Ethical(エシカル)”という考えに着目した学生団体S.A.L.のメンバーは、エシカルジュエリーブランド”EARTHRISE”と協同し、商品開発から企画、広報、販売、エシカルをを行っています。

学生団体S.A.L.とは

学生団体S.A.L.は「学生が主体であること」を前提とし、国際問題に関して理解を深め、啓発していくことを目的として2008年6月に立ち上げられた、慶應義塾大学に本部を置く学生団体です。
S.A.L.という名前には、
 Send out(国際問題を伝える)
 Aid(助けを求めている人を救う)
 Learn(世界の現実を知る、学ぶ、理解する)
という3つの意味が込められています。

私たちはこの3つをコンセプトに、スタディー・ツアーで国際問題の現実と向き合い、メンバー一同が自分たちに出来ることは何かを考えながら 、イベントやフリーマガジン、ドキュメンタリー、商品プロデュースなどの具体的なプロジェクトを行なっています。

S.A.L.はそのようなプロジェクトの中で「国際問題を伝える」ということを通じて、 国際問題に興味がない学生や「興味はあるが何をしたらいいかわからない」学生への「きっかけ」作りを促進していくことに 大きな重点を置いています。

私たちは、小さなきっかけを波及させていくことで より多くの人に国際問題に対して関心をもっていただけると考えているのです。

学生の私たちだからこそ、新しいきっかけの連鎖を作り出せると信じながら、活動を行っています。

EARTHRISEとは

エシカルジュエリー活動の一貫として、宝石産出国の小規模鉱山で働く人々の労働環境の改善、物資の支援、児童労働の撲滅を目指し活動している。

スリランカ、パキスタン、インドなど、現地パートナー共に「エシカル」な素材の流通経路の開拓に取り組み、2011年にエシカルジュエリーブランドとして設立。現在、10カ国以上のエシカル素材を扱っている。

Facebook:https://www.facebook.com/earthrise.jewelry?ref_type=bookmark
HP:http://www.earthrise-j.com/index.html

小幡星子 SHOKO OBATA
代表取締役兼デザイナー

プロフィール…1981年12月生まれ。幼少の頃より両親の影響で発展途上国への支援に意欲的に取り組む。ジュエリーに関する大半の素材が途上国から産出されていることと、兼ねてから思いを寄せていた国際協力とがひとつにつながり、新たなビジネスを考えジュエリー業界へ転職。